FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低金利時代は預貯金よりも保険の方が将来保障は有利!?


保険と貯蓄の違い:低金利時代は預貯金よりも保険の方が将来保障は有利。
保険と貯蓄は目的が異なる。

・保険(生保も損保)は万が一のときの保障(補償) が目的。
・預貯金は安全な利殖が目的。

現在のような低金利の時代、預貯金に利殖機能はほとんど無い。
また養老保険のように貯蓄性の高い商品でも保証利まわりが逆ザヤとなっているために、有利な利殖商品とはいえない。
しかし、カタカナ系の無配当養老保険は利殖商品として機能する。
5年以下の貯蓄となると、生命保険で対応するのは難しいので、銀行や郵便局にまかせることになるが、もし10年後に1000 万円を貯蓄したい、という目的なら生命保険が圧倒的に有利である。


銀行や郵便局の預貯金は出資金の積み重ねであるため、120 回で1000万円をためるのであれば、確実にそれだけ払い終わらなければいけない。
途中で支払者が死亡した場合にはそれまでの積立額のみが残る。
一方で、生命保険(養老保険)の場合は、目的(加入金額) と目標(満期の長さ) を決めることで、加入したその日に目標額分の保証が得られる。
例えば、1000万円の保険契約をした時点で、たった1回保険料を支払った後に、不慮の事故などで死亡しても、1000万円は保障されているからである。

当然、満期まで生存して支払続けていれば、1000円の満期保険金を手に入れられる。
更にその満期保険金は、10年間支払った全保険料に利息を加算したものであるので、利殖機能も満たする。
保険のおすすめは何?


カタカナ系生命保険は何が違う、情実よりも数字的合理性を重視する。
日本における民間生保会社は、国内系が20社程度、カタカナ系は11社程度ある。
カタカナ系としては、ソニー、セゾン、ニコス、オリックスのようにもともとは外資系として設立され、そのノウハウを受け継いで日本資本となった会社や純粋な外資系となっている。
これらカタカナ系は国内系と大きく異なる特徴がある。
ひとつは、外務職員の数である。

男女比については、国内系の外務職員は圧倒的に女性が多いが、カタカナ系は男性が中心となっている。
国内系はセールスレディを中心に人海戦術を得意とする、一方でカタカナ系は、そのような外務職員の数は少ない。
カタカナ系は人海戦術を取らない代わりに、保険や税金について高度な知識武装をして、客にアプローチする。
カタカナ系は、人海戦術をとらない分、情実よりも合理性を重んじている。
そのため消費者のニーズに即する場合が多い。
また宣伝方法にも違いがある。

国内系はテレビCM を中心のイメージ戦略を行い、具体的な数値による勧誘は、セールスレディが担う。
一方でカタカナ系は、広告は同じテレビCMなどであるが、その時点で数字をあげた説得広告を行っている。
これら数値のある広告宣伝を見て、自発的な加入を見込んでいる。

この方法は、消費者に納得してもらう必要があるために情報は明朗である場合が多い。
しかし、一方で宣伝文句については、一般消費者の保険知識レベルにては、錯覚をしないともかぎらないものある。

「生きるための補償」「1日100 円未満の保険料で5000万円補償」等の内容や「本日は午後11時まで受け付け」などという期限付きの宣伝でもある。
広告の記載内容については、「補償」「医師の診査不要」「年齢にて保険料に差がつかない」という表記がある場合には、損害保険系であることを覚えておきたい。
注意が必要なのは、この記載の上に「死亡補償5000万円」「入院日額5000円」「手術保険金20万円」という表記があること。
保険金が下りるのは,交通事故など被災した場合に限りである。
普通死亡や病気入院に対しては保険金や給付金はいっさい出ない。
生保(http://news.biglobe.ne.jp/economy/hokenjin/adv/p-13/)
生保会社が「定期付終身保険」の「更新型」を売るための作戦とは

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

生保ready

Author:生保ready
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。