FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低金利時代は預貯金よりも保険の方が将来保障は有利!?


保険と貯蓄の違い:低金利時代は預貯金よりも保険の方が将来保障は有利。
保険と貯蓄は目的が異なる。

・保険(生保も損保)は万が一のときの保障(補償) が目的。
・預貯金は安全な利殖が目的。

現在のような低金利の時代、預貯金に利殖機能はほとんど無い。
また養老保険のように貯蓄性の高い商品でも保証利まわりが逆ザヤとなっているために、有利な利殖商品とはいえない。
しかし、カタカナ系の無配当養老保険は利殖商品として機能する。
5年以下の貯蓄となると、生命保険で対応するのは難しいので、銀行や郵便局にまかせることになるが、もし10年後に1000 万円を貯蓄したい、という目的なら生命保険が圧倒的に有利である。


銀行や郵便局の預貯金は出資金の積み重ねであるため、120 回で1000万円をためるのであれば、確実にそれだけ払い終わらなければいけない。
途中で支払者が死亡した場合にはそれまでの積立額のみが残る。
一方で、生命保険(養老保険)の場合は、目的(加入金額) と目標(満期の長さ) を決めることで、加入したその日に目標額分の保証が得られる。
例えば、1000万円の保険契約をした時点で、たった1回保険料を支払った後に、不慮の事故などで死亡しても、1000万円は保障されているからである。

当然、満期まで生存して支払続けていれば、1000円の満期保険金を手に入れられる。
更にその満期保険金は、10年間支払った全保険料に利息を加算したものであるので、利殖機能も満たする。
保険のおすすめは何?


カタカナ系生命保険は何が違う、情実よりも数字的合理性を重視する。
日本における民間生保会社は、国内系が20社程度、カタカナ系は11社程度ある。
カタカナ系としては、ソニー、セゾン、ニコス、オリックスのようにもともとは外資系として設立され、そのノウハウを受け継いで日本資本となった会社や純粋な外資系となっている。
これらカタカナ系は国内系と大きく異なる特徴がある。
ひとつは、外務職員の数である。

男女比については、国内系の外務職員は圧倒的に女性が多いが、カタカナ系は男性が中心となっている。
国内系はセールスレディを中心に人海戦術を得意とする、一方でカタカナ系は、そのような外務職員の数は少ない。
カタカナ系は人海戦術を取らない代わりに、保険や税金について高度な知識武装をして、客にアプローチする。
カタカナ系は、人海戦術をとらない分、情実よりも合理性を重んじている。
そのため消費者のニーズに即する場合が多い。
また宣伝方法にも違いがある。

国内系はテレビCM を中心のイメージ戦略を行い、具体的な数値による勧誘は、セールスレディが担う。
一方でカタカナ系は、広告は同じテレビCMなどであるが、その時点で数字をあげた説得広告を行っている。
これら数値のある広告宣伝を見て、自発的な加入を見込んでいる。

この方法は、消費者に納得してもらう必要があるために情報は明朗である場合が多い。
しかし、一方で宣伝文句については、一般消費者の保険知識レベルにては、錯覚をしないともかぎらないものある。

「生きるための補償」「1日100 円未満の保険料で5000万円補償」等の内容や「本日は午後11時まで受け付け」などという期限付きの宣伝でもある。
広告の記載内容については、「補償」「医師の診査不要」「年齢にて保険料に差がつかない」という表記がある場合には、損害保険系であることを覚えておきたい。
注意が必要なのは、この記載の上に「死亡補償5000万円」「入院日額5000円」「手術保険金20万円」という表記があること。
保険金が下りるのは,交通事故など被災した場合に限りである。
普通死亡や病気入院に対しては保険金や給付金はいっさい出ない。
生保(http://news.biglobe.ne.jp/economy/hokenjin/adv/p-13/)
生保会社が「定期付終身保険」の「更新型」を売るための作戦とは

スポンサーサイト

保険への勧誘は宗教と同じ「不安を煽ること」 & 保険会社のセールスレディが気軽に配っているように見えるアメ、ガム、ボールペンは自ら生保会社から買ったもの


霊感商法まがいのセールステクニックが保険をダメにする。
日本の生命保険会社に勤務する人の約8割が、営業の第一線に立つセールスレディ(保険外務員) である。
彼女たちは所属する生保会社名の入った名刺を持ち歩くが、社員ではなく個人事業主として扱われる。
彼女たちの交通・通信費などの経費、気軽に配っているように見えるアメ、ガム、ボールペンも自ら生保会社から買ったものとなる。
客から依頼された保険設計書の作成も、彼女たちから生保会社にコンピュータ入力費用を支払わされている。
収入は一定期間、固定給を支給する会社もある。
しかし小額で契約高(死亡保険金額)に応じて収入が変動する歩合給システムであることが多い。
つまり高額の保険をたくさん契約させることが大切、それに比例して収入が上昇し、年収ン千万円も夢ではないという仕組みである。


保険への勧誘は宗教と同じ、「不安を煽ること」である。
たいていの人は「貧・病・争」の3つの不安をかかえている、そこにつけ込むというのは保険に限らず、どこも同じである。
「ご主人に万が一のことがあったらお子様の将来はどうなるんです。
今どき7000万円の保険は常識ですよ」などと不安を煽って高額の保険金額(保障額) をぶつける。
冷静な吟味をしないまま加入契約書にサインしかねない心理状態に追い込む方法である。
春、フレッシュマンが会社に入ると、さっそくはじまるのが生命保険の勧誘。
その主力商品は「定期付終身保険」の「15倍保障型」、実際は200万円の「終身保険」と、2800万円の「定期保険」を組み合わせただけである。
「定期保険」の保障期間内に死亡すると、3000万円入るというものである。
損害保険の相談をしたい


「更新型」と「全期型」の違い:保険料を少しでも多くむしり取るには便利な「自動更新型」。
セールスレディが注力して勧誘するのは「定期付終身保険」である。
その際に、「定期保険」は「更新型」(ステップ型ともいう) となるのが一般的である。


更に保険期間も比較的短いものに加入させ「自動更新」とさせる。
通常は、5年、10年、15年、20年、25年、30年から選択できるはずであるが。
しかも保険証券にはステップ型とはどこにも明記されていない。
「自動更新」という言葉は加入者にとっていかにも使利そうだが、実際は違う。
保険料はそのときの年齢で計算し直されるため、当然保険料は増える。
一方「更新型」に対して「全期型」というのがある。
こちらは保険期間を通して、一度も更新することなく継続する形となる。
そのため若いときの保険料のままで済む。

加入者にとっては、当初の保険料は少々高めでも、トータルでは「全期型」のほうがトクである。
もちろん保険会社は「更新型」を薦める。
最初の保険料は安くすむが、更新の回数が多いほど払込み保険料総額が増えていくからである。
つまり保険会社がトクをし、加入者がソンをするしくみなのだ。
ほけんの説明を受けたい
生保会社が「定期付終身保険」の「更新型」を売るための作戦とは

生保会社が「定期付終身保険」の「更新型」を売るための作戦とは


生保会社が「定期付終身保険」の「更新型」を売るための作戦とは。
保険のセールスレディはセールスのプロである。
しかし保険商品の詳細についてたずねても答えられないことがある。
また会社の「保険相談室」で問い合わせしても即答できない。
生保会社は扱っている商品について不勉強なのか、都合の悪い情報や知識を一般社員やセールスレディに知らせていないようだ。

日本の生保会社の多くは仲間同士で資金を出し合って万が一に備える相互扶助という形の相互会社となっている。
たとえば、セールスレディが自分ではこのタイプの保険には入らないといわれる「定期付終身保険」の「更新型」は生保会社がトクする構造になっている。
そのため会社側は、このタイプの商品を売りまくるよう、セールスレディに大号令をかけている。
メリットに見えるところを中心に教え込み、デメリットについては知識不足にする。
会社が儲けるために、セールスレディを情報操作し、結果として一般消費者の判断力を狂わせている。



一方で生保各社は、「普通養老保険」「個人年金保険」「企業年金保険」などの商品を、あからさまに売りたくないという態度を取っている。
これらの商品が、保証利まわりよりも運用利まわりが下まわりる「逆ザヤ」であるからだ。
保険制度について


義理人情で入った保険は将来自分や家族のためにならない。
日本で生命保険に加入する世帯の比率は95%といわれている。


加入世帯が1年間に払い込む保険料は平均約63万8000円。
また人口ひとり当りの保険金額」は、1525万7000円の保険に入っていることになる。
ちなみにアメリカは509万円、オランダは453万円、フランス400万円程度である。
日本人がここまで保険に入る理由は「生命保険を貯蓄手段に使っている」という点が上げられる。

そして、日本の場合、社会保障や福祉を国民の自助努力として生命保険に頼ってきたという事実がある。
そのため「受給保険金の一時所得扱い」「生命保険料控除」「相続税において受給人ひとり500万円の特別控除」などの生命保険優遇策がとられてきた。
まずは自分にとって必要な保険は何かを、しっかり考えてもらいたい。
保険は多ければ多いほど安心できる、という加入の仕方では無理と無駄が多くなる。
保険会社とセールスレディを喜ばせるために保険に入ったところで、感謝状一枚送られるわけではない。

生命保険:http://news.biglobe.ne.jp/economy/hokenjin/adv/i-01/
生命保険は無配当保険の方が保険料が安い & 組み合わせ保険は消費者に目的を分かりにくくする

生命保険は無配当保険の方が保険料が安い & 組み合わせ保険は消費者に目的を分かりにくくする


無配当保険に注目:あてにならない配当金にこだわらない。
日本の生命保険では、今まで配当金が付いてくるものが一般的であった。


そもそも配当金は予定以上の剰余金が出たときに加入者に分配されるもの。
しかし、保険料を引き上げてまで、わずかな配当金を捻出するのが現状である。
しかし日本の市場に参入したカタカナ系生保会社は合理的に多くが「無配当保険」となっている。
配当金を支払わないことを前提にするので、そのぶん保険料を安くなっている保険商品となる。

「有配当保険」とカタカナ系「無配当保険」の20年間の保険料総額の差を考えてみた場合、「有配当保険」では、満期時に満期保険金とともに配当金が支払われる。
しかしその額が20年間の払込み保険料の差額よりも大きいか小さいかは微妙なところである。
同じ程度なら、不確実な将来の配当金をあてにするよりも、毎月の保険料負担が軽いほうがよい。
特に悪いのは、「有配当保険」のパンフレットには、実際には約束できない高率の予想配当率を示することである。
実際にパンフレットには「将来のお支払いを保証するものではありません」と記載されている。
保険のおすすめ情報

組み合わせ保険は消費者に目的を分かりにくくする。
生命保険には組み合わせ保険がある。

テレホンショッピングのように、複数の商品を抱き合わせ販売する格好である。
例えば「定期付終身保険」は高額保障の掛け捨て保険である「定期保険」と保障額の少ない「終身保険」を組み合わた商品となる。
しかし組み合わせの理由については、説明を受けることは無い。

特に若者が加入した場合を考える。
「定期保険」で万が一に備えるのは効率的であるが、今30歳の若者が35年以上先に500万円の保障があっても、物価変動などを考えたら、意味があるのだろうか。
少額保障の「終身保険」は不要と思える。
組み合わせる理由は、生保会社の方にある。
「終身保険」は、「定期保険」との組み合わせ倍率をつくるためのベースになる数字として使われているにすぎない。

「終身保険」の保険料を「定期保険」に充当すれば、保障を553万円も増やすことができ、逆に「定期保険」だけで5000万円の保障を確保すれば、月々の保険料が2785円も安くなる。
保険の解約について

プロフィール

生保ready

Author:生保ready
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。